011 咆哮

 凄まじく歌うんです



012 並んで

「はい、背の順を決めますよ。並んで並んで」
「どうせ俺ら団栗じゃねえか」



013 忍

人目を忍ぶ仲なのにはわけがあるのです。
「こんな贈り物なんかいらないのに……





さっさと刑務所から出てきやがれこのロクデナシが!」



014 波

なみなみ



015 コンビニ

「よかった。途中で酸素が切れそうになっちゃったんだよ」
「25時間営業でお客様をお待ちしておりまーす」
火星にて。



016 砂



017 駅で

廃れてしまったあの駅で、会えるかもしれないそうです。
いってしまったあの人と。




着物の合わせ方が未だに分かりません…


018 電撃

「ええ、すぐに運命の人だと分かったわ」
「……(おばあちゃんのこの話長いんだよなあ、ボケちゃってるよなあ)」



019 芝生

レコードの予感



馬が! 馬が納得いかないので多分描きなおします……


020 am 05:23